2014年09月25日

打撃用語


篠塚和典の『打撃バイブル』

バッティングのキワー5

突っ込むな!といわれると、体の前後移動をしてはいけないように思いがちだが、
突っ込んでいけないのはあくまで上体。
下半身の重心移動はボールニ力を伝えるには必要不可欠だ。ステップすることで
ボールにぶつけよう。

開くな!体が開くのが良くないのは、スイングの始動時のこと。だから
正確には開きが早いというべきだ。体を開かずにボールを引き込んでタメをつくり、
スムーズニ方、腰、ひざと体を回転させてインパクトにつなげることが大切。

手首を返せ!バットの先端がのびきるまで返さない。
インパクトの瞬間に手首を反してしまうと、スイングの軌道が波打ってしまい、正確に
ボールをとらえられない。返しの早い手首をこねた状態にならないように、斧で大木を切り落とす
ように力強くバットを振り切って、自然に手首が返るまで待つといい。

ボールの芯にバットの芯を当てろ!ボールにバックスピンをかける。
芯と芯ではボールに回転が生まれず、無回転となり、ボールは飛ばない。
投げられたボールは6、7度くらいの角度で落ちてきている。
そのボールの中心より約7ミリ下を打って、バックスピンを加えられると、遠くへ
飛ばすことができる。

上からたたけ!ボールにバットを長い時間あてろ。ゴロになりがちなスイング
上からたたくスイングではゴロになることがほとんど。スイングスピードの
遅い打者にはこうするしかないが、長打をねらいたければボールにバットを直角
に当ててその方向に飛ばしてやろう。なかなかボールがバットから離れないような感覚
があれば、ボールは遠くへ飛んでいく。

バッティングの基本スイング
バッティングの最大目的は、いかによいピッチッヤーを打つかにある。
そのためには一番早いボールを打ち返せるかがポイントだ。
速球に対応できるコンパクトなスイングで、ボールをとらえたら体の
前を大きく振ることが大切になってくる。始動、インパクト、フォロースルーを
一連の動きにして、バットを力強くスムーズな起動で降ろう。

篠塚和典の『打撃バイブル』






ラベル:コーチ 打撃 篠塚
posted by 打撃 at 11:38| Comment(0) | 打撃フォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。